甘酒作りに挑む

公開日: : 最終更新日:2014/04/09 好きな日本酒・肴

DSC00071

日本酒好きとしては一度は挑戦したいのが日本酒造りですが、家庭での日本酒作りは法律上禁止されています。そのため、日本酒作りに似ている甘酒作りに挑戦してみました。

ちなみに甘酒はお米の糖化まで。日本酒作りは詳細は省きますが、お米を糖化した後に酵母の力でアルコール発酵させます。

●甘酒作りの材料は、もち米(g)・乾燥米麹(g)・可水用の水
今回は炊飯ジャーで作ります。

DSC00031

①もち米でおかゆを作ります。
もち米が1合だったら、水の目安は2合です。

DSC00036

②乾燥米麹の場合は事前に戻します。
俺の場合は、ボウルに乾燥麹を入れて熱湯65度位のお湯を2倍ぐらい注ぎラップして2時間ぐらい待ちました。

DSC00034

③もち米が炊き上がったら米麹を加えます。
ゆっくりと混ぜましょう。

DSC00037

④水を加水します。温度が55度から65度位になるように調整してください。
温度が高すぎると菌が死滅してしまい、低い場合は、菌が活発的にならないから糖化しない。

DSC00038

⑤布巾をかけて保温モードにします。ここからも温度を55度から65度位を維持するように気をつけましょう。
また、1時間から2時間ごとに糖化している箇所を拡販するために1回ぐらいはかき回しましょう。
出来上がりまでの時間ですが、6時間から8時間で甘味を確かめながら時間を調整してください。

DSC00045

⑥4時間後ぐらいの状況です。だいぶお米の形状も溶けてきていて、甘みが出てきています。

DSC00047

⑦8時間後の状態です。かなりお米の粒が小さくなりペースト状になっているのが分かると思います。量が少ないのは、取り分けしてから写真を撮っていないことに気が付いたからです。

ほんのりとした甘みのある味になりました。どうやら麹しだいで甘みは変わるようです。そのうち試してみたいものです。

甘酒の楽しみ方
もちろん冷やして楽しむのも良いですが、日本酒の辛口の原酒と割るのもお勧めです。あとは、甘酒に醤油と鰹節を混ぜて、クリームチーズにかけて一晩寝かせる「クリームチーズの甘酒醤油」も酒の肴としてお勧めです。

DSC00052

関連記事

屋酒喰洲

行くまでは期待せず。行ったら虜!(゚Д゚) 日本酒のイベントで神田に行くので、せっかくだからど

記事を読む

地の酒しん

俺氏絶賛!大田区の中で最上級クラス!薦めたいお店 落ち着いた店内の雰囲気の中、最高の美酒を冷や

記事を読む

クリームチーズの酒粕漬け

後味を引くので、酒の肴として最近の日本酒の居酒屋でもメニューに並べているお店が多い「クリームチーズの

記事を読む

鮭の甘酒漬け

日本酒の記事よりも酒の肴ばかりが多くて恐縮ですが、最近は甘酒を活用した料理が多いです。 新しく作っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • ぷろふぃ0る写真

    年齢30代の男。アフィリエイトと不動産を主体とする法人を運営しています。
    不動産の収入と投資信託の収入の合計がサラリーマンの平均年収になったので、そろそろセミリタイアするつもりです。


PAGE TOP ↑